トレードの主流

現在のFXではスキャルピングを中心とした
短期間でのトレードが主流となっています。

かっては、比較的長期間でポジションを保有する
スウィングトレードが主流の時代もありました。

それは高レバレッジが可能だった時代でしたので、
スキャルピングではリスクが高すぎて、
利益を出せないという人がほとんどであったことと、

リーマンショック以降、
世界各国の経済は後退していき、
欧米での主要国では政策金利が
引き下がっていたからとなっています。

長期間でポジションを保有している
メリットがほとんどなくなってしまったため、
現在ではスキャルピングを中心としてのトレードが進んでいます。

トレード手法にもその時々の流行があります。

その時々の流行に沿ったトレードをしていくと、
勝率が少しでも良くなっていくということになりますので、
その時々ではやっているトレードスタイルは
何かということを見極めてFXでの取引に活かしていきましょう。